Meyco's thoughts

ただのポエムです

絵のトレースについて

f:id:meyco:20151207224934p:plain

 

美大の時は、目を養うために絵のトレースはあまりしなかったけど、おとなになってから仕事以外の絵を描くタイミングが細切れにしかないから、大きくまともな絵が描けなくなった。

 

それはまずいと思ったのと、ある人から「集中して名画や写真のトレスすると凄く勉強になるよ」と言われたので、食わず嫌いはやめて時々絵のトレース練習をし始めた。

 

なるほど、確かに真面目にやると、トレース意外と難しい。

まず、写真だとどの線と影をひろうかでかなり線の強弱かわるし、トリッキーな動きをした時の服のシワの構造とかこうなってるのかーと勉強になる。

 

特に私のような線で描くタイプの人間はミュシャとか名画と呼ばれる人のトレースは凄く参考になる。アレだけ書き込んでるけど、実は6割はみかけだけで見せ方がすごい上手だなーと思ったりしました。

 

有名な漫画家さんの絵をしっかり分解してトレースするのも有用だと思います。

特に筋肉とか関節が苦手なので、美術用解剖図みたいなのが苦手なのであれば、そっちから入ってメインの筋肉を知ってから描くといいと思いました。

 

面で描くタイプの人はまた別な練習方法の方がいいと思うけど、なんだろうなー。ちょっと探しておこう。

 

リズムとフォース : 躍動感あるドローイングの描き方

リズムとフォース : 躍動感あるドローイングの描き方

  • 作者: マイケル・マテジ,Michael Mattesi,平谷早苗,株式会社Bスプラウト
  • 出版社/メーカー: ボーンデジタル
  • 発売日: 2015/10/10
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 最近発売されたばかりの本。個人的にはすごい面白かった。

やっぱりモデル見ながら描いたほうがいいよなーと思う・・・写真だと勢いがわかりづらい気がする。