Meyco's thoughts

ただのポエムです

メイコは、ぼうけんの書を持って旅に出た。

a0002_011037

この頃、息が詰まる用な閉塞感しか感じません。

風邪で寝込んで、まだ体力もメンタルも完全に戻っていない事も半分ぐらいの原因かもしれない。

でもこれはきっと、一人で仕事をすると、誰もがぶち当たる壁なのでしょう。

オフィスを構えれば変わるかな。とも思ったけど、きっとオフィスを変えても変わらない事は、私が一番良く知っています。

シェアオフィスや、コワーキングスペースはどうだろう?

人が多い所は苦手なのであまり行くことはないのだけど、きっとそれでも変わらないでしょう。

私は今、視点がとても閉鎖的になっています。

誰か一緒に仕事をしていれば変わる事もあるかもしれないけど、今のところその予定はありません。多分。

 

秋はメンタルの上がり下がりが凄く顕著に出るので、なるべく健康には気をつけています。私が覚えてる限りの(忘れてるのもきっと多い)人生での数々の悪いイベントが、秋に集中的に起きているので、フラッシュバックのように思い出しては、部屋の隅から動かなくなったりというのが、ごくたまにあります。

こうなると、手は動いているけど、頭が全く動かないので、事務的な仕事しかこなせなくなります。

 

また、閉塞感の他に、最近はマンネリにも悩まされています。

常に変化を求めているのに、自分自身の成長の兆しが全く見えないので、焦りさえ感じています。

本当は、もっと基礎的な部分から勉強をし直さなければ、今のレベルは超えられないのに、中々怠慢な気持ちにセーブがかかりません。

周りのレベルと、私のレベルがどんどん引き離されているようにしか、感じることが出来なくなっていました。

 

そんな時に、「世界一長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」として名高い、格闘ゲーム世界チャンピオンの梅原さんが書いた「勝ち続ける意志力」というものと出逢いました。現在は読んでいる途中。

梅原さんの「尋常じゃない努力の熱量」は、私の想像を遥かに超えていました。ここまで努力について書かれた本は中々ないんじゃないだろうか。悩んで悩んで悩みぬいたことも、彼は経験値としてちゃんと身になっているようです。

私も恐らく、悩んだ回数についてはその辺の人よりは負けてないと思います。私もそれが身になる日が来るのでしょうか。

そんな閉塞的な感情をどうにかしたかった時に、私が梅原さんの本で

印象に残った文章があります。それは

「日々、小さな変化をすること」

本当に小さくて些細なことだけど、いつもと違う形黒を歩いてみるとか、定番から外れたメニューを食べるとか、普段使わない駅に降りてみるとか。小さくてもいいから変えてみる。

そんな意識があれば、誰だって、いつだって自分を変えることができる。そうやって自分の体験を増やしておけば、ふとしたとき、前よりも視野の広くなった自分に気づくことが出来るはずだ。

少なくとも僕は、そう信じて自分を意識的に変化さえている。

私は突然違う道を歩いたり、定番じゃないメニューを食べる事が、あまり得意ではありません。カレーはあの店、コーヒー豆はあの店など、全て私の中で役割のある店は決まっています。実は、生活に関しては【王道】が好きです。

ただ、梅原さんの本を読んで、少し思い直しました。

一人で働いてる人にとって、生活に変化をもたらす事がいかに大変か。きっとフリーランスの人は解るはず。外的要因で変化することがほぼ無いので、自分から変化するしかありません。ですが、在宅仕事だとまずその考えも無いので、毎日まったく同じ生活をする可能性がとても高いでしょう。

それは仕事のパフォーマンスを上げるという意味では最適なのだけど、変化=進化の方程式には当てはまることはありませんでした。

 

さっそく、めいこはぼうけんの書(Google Maps)を持って旅に出た。

 

この時はパンが食べたかったので、行ったことのないパン屋に行くことにしました。一応事前にネットで調べています。

そして自転車に乗って、普段は絶対に行かないような地域を通ってみました。すると、今までは知らなかった素敵な花屋さんがあったり、石造りの蔵のようなカフェがあったり、ギャラリーを見つけました。

花屋さんは、東京出張が終わったら、花を買いに来よう。

そして、目的のパン屋さんへたどり着いて、その建物のセンスの良さに感激した。あのレベルのパン屋さんは中々札幌でも無いのではないだろうかと思います。デザイン的な刺激もタップリと貰いました。

今回行ったパン屋さんはここ【coron】

札幌に数年住んでいるのに、こんな素晴らしいお店があったなんて、全く知りませんでした。

そして帰り道に、真っ赤な看板がとっても印象的な建物を発見しました。そこはサンドイッチとロールケーキ専門のお店。勇気を出して入ってみたら、内装も結構かわいい。そしてとても美味しいピスタチオのロールケーキを食べました。あそこは通ってしまいそう。

今回行ったロールケーキ専門店【ハレル屋】

梅原さんの本を読んでいなかったら、あと何年後に行ったか解らない。それぐらい、私は生活に関しては本当に変化しない人です。

でもこれからは、もっと積極的に私生活にも変化をもたらしたいと思います。

 

メイコは、ぼうけんの書を持って旅に出た。