Meyco's thoughts

ただのポエムです

電子書籍についてちょっとメモ。

最近電子書籍の相談も増えましたが、業務的にはまだまだ日本は少ないです。

また、海外では自費出版の技術書増えてる。(自費出版で出して、出版社が目をつけて書籍にして、印税生活などもあるみたい。)ので、今後日本でもその流れが増えると思います。

なので、今のうちに電子書籍の勉強をちょこっとしておきましょう。

日本の個人出版の草分け(技術書系)だと、達人出版会が有名なのかな?

個人出版では外だとパブーとかが有名でしたが、突然印税(著者の利益)が下がったようで、いろいろ物議を醸していたようですね。

以上のことから、最近の個人出版はPayPalとか利用しつつ複数プラットフォームで出版するケースが多いようです。

なんで複数だなんて面倒な事するのかというと、一社だと利益回収と発行部数稼げないためです。

EPUB形式とPDF形式があり、クライアントは基本的に両方作りたい(Kindleとかでもみれるように)

ただ、EPUBの方が目次のヒモ付が使えるし、既存のインターフェースも設定できるのでいい。iPhoneでも見ることができるようになるのは強い。

 

Revew(レビュー)というソフトがEPUBとPDFを自動生成してくれるソフトなんですが、オライリー出版でも使われているみたいです。

 

コーディングは

InDesign(簡単だけど、ソース書き換えにくい。ソフト高い)とXHTMLCSS(修正も簡単だし、かなり自由にできるので、なるべくこれがいい)と、iBooks Author(アニメーション絵本向き)がある。最初はiBooks Authorでいいかもしれない。

ちなみに、個人出版で最近一番話題になっている電子書籍は、SFジャンルのジェーンマッパーという本らしいです。

自分のアイディアを、簡単に本にできる素晴らしい時代だなぁと本当に思う。

EPUB3が出てまだ1年ぐらい?ですが、もっと電子書籍ふえればいいのに!!いいのに!!!